CHECK

注文住宅の土地選びは建築制限に気をつけることが重要

注文住宅の土地選びは建築制限に気をつけることが重要

建築制限が存在する可能性は、各地域で存在します。実際に、自治体によって提供されている法律内容は異なります。例えば、上に行けば行くほど看板の設置が難しくなるような条例も存在します。注文住宅であっても同様で、法令によって規制されている内容は様々です。建ぺい率や容積率などといった部分で制限が存在するとせっかく建設した注文住宅が無駄になる可能性も否定できません。建物の建設ができなくなるのはもちろんですが、ペナルティーを受ける可能性も高くなりますので文字通り、法律違反になる可能性が存在します。このような事態に陥らないようにするためにも、注文住宅の相談を行う時には何よりも専門家に相談をしておくことが大切です。工務店や大手のハウスメーカーであるのならば、きちんと安全性の高い土地から注文住宅の相談を進めていくことができるようになります。理想の物件を実現する意味でも、優秀な業者に相談することは何よりも大切です。

施主の自由に出来る注文住宅も、建蔽率は厳守の必要があります。

注文住宅は、建築工法から間取りや建築資材など全てを自由に決められるのが大きな魅力ですが、支払い能力が大きく影響する予算だけでなく建築基準法や自治体が施行している規制などに従って建築計画を進める必要があります。建築基準は、建築しようとする注文住宅の安全を確保する為に定められている法律であり、日本全国の土地を13種類の用途地域に分類する事で環境保全や都市機能の維持などを制限している法律です。用途地域は、住居専用や商業など目的別に分類しており、建蔽率や容積率などを制限する事で閑静な住宅地に巨大ビルや騒がしい工場が建築できないように規制しています。建蔽率は、建築用地の広さに対して何%までの大きさの建物が建築できるかが示されていますが、単純に1階の床面積ではなく上方から投影した場合にできる影の面積が適用される場合もある事があるので注意が必要です。もし、厳守する事なく建築した場合には、建築中でも建築を中断して是正が求められる時があります。

掛川市で注文住宅に関する情報サイト
注文住宅についての雑学

当サイトは、事前に知っておけば困ったときなどはもちろん、必ず役立てることができる注文建築の雑学を幅広くご紹介しています。知っているか否かで成功が決まる、このようにいっても過言ではないのですが、ここでは注文住宅の家を建てるための土地選びは建築制限に注意が必要なこと、住宅ローンにはいろいろな活用方法がある、このような内容を中心にしています。現在、注文建築で家づくりを始める、情報収集をされている人などおすすめです。

Search